用を足していざ水を流した.段階で、不具合を伝える異に続き、便器内の水面が一気に競り上がる「あの恐怖感」は、誰もがご記憶の、願わくば絶対に遭遇したくない光景に違いありません。何より焦ってしまって当然ですし、対処用のツールが個室内に見当たらなければ、とにかく無事にその場を離れる事に全神経を集中から、瞬時の対応が不可欠です。更に自宅のトイレでこの状況が生じてしまえば、その後の日常生活に大きな支障が避けられません。トイレのつまりの緊急対応を謳う業者は全国各地に点在していますが、それでも実際の対応までには時間を要するのみならず、トラブルの状況次第では相応の修理費用負担が避けられません。

こうしたトイレの詰まりの原因には、幾つものケースが想定されます。水流自体が弱く、外からは見えない部分に元来流れてゆくべき不要物が堆積してしまい、結果水流を塞いでしまう場合もありますが、共通する多くの原因として、パイプに対してトイレットペーパーを大量に流し過ぎてしまうケースが少なくありません。トイレットペーパーは水に溶けてスムーズに流れて行くと解釈しがちですが、トイレの許容量を超えた分量が便器からパイプ内に送り込まれた場合、状況は一変してしまうリスクが否めません。ここでは以下、トイレのつまり原因とさまざまな視点から検証しつつ、使用上注意を払う事を通じ、トラブルのリスクを回避する大切さを再確認しておきたいと思います。